メロンを使った血圧を下げるジュース

フルーツの中でも人気の高いメロンにも高血圧予防の効果がある成分が豊富に含まれています。

 

メロン

 

体にたまった余分な塩分を排出するカリウムはアボカドのの半分ほどですが、カロリーは4分の1と低く、カロリーを気にされる方にメロンはおすすめです。

 

メロンは果肉の色によって3種類にわけられます。

果肉のタイプ

品種

赤肉系(オレンジ色) 夕張メロン、クインシーメロン
青肉系(黄緑色) アンデスメロン、アールスメロン
白肉系(乳白色) ホームランメロン

 

この中でも、他のタイプのメロンに比べて赤肉系のメロンには25倍〜110倍ものβカロテンが豊富に含まれており、果物類でもトップクラスの含有量を誇ります。βカロテンは強力な抗酸化作用があることで知られており、アンチエイジングへの効果が期待できます。

 

βカロテンの含有量で選ぶなら、赤肉系のメロンがお勧めです。

 

メロンに含まれる主な成分

■カリウム
塩分のとりすぎは血圧に大きく関係していますので、高血圧予防の基本的なアクションには減塩が入ってきます。体内にある余分な塩分を排出させることで塩分過多で起きる血圧のトラブルを予防することが出来るのですが、そこで登場するのがカリウムです。カリウムは体内にある余分な塩分を排出してくれる働きがあります。

 

■ギャバ
メロンに含まれるギャバはトクホにも認められており、血圧上昇抑制作用を持っています。また、コレステロール値の改善や、脳内の血流を促進させて脳を活性化させる働きもあります。

 

■βカロテン
βカロテンは動脈硬化を防ぐために活性酸素に作用し、血管を柔軟にするように働きます。血管が柔軟になることで、血液の流れがスムーズになり、血圧の上昇を抑制してくれます。βカロテンはビタミンAに変化することができます。このビタミンAには、皮膚や粘膜の健康維持や細菌やウイルスから体を守ってくれる働きがあります。

 

■アデノシン
メロンには酢にも含まれるアデノシンが含まれています。このアデノシンは血管を拡張させる作用があります。血管が拡張されると血管に対する圧力も分散されるので高血圧予防に有効です。また、血小板の凝集を抑えてくれる成分が含まれているので血栓予防にも期待ができます。ただし、アデノシンは効き目が持続しないため、効果を得るには毎日摂取する必要があります。アデノシンを定期的に摂取するには高価なメロンよりも安価で手に入る酢で摂取すると良いでしょう。

 

■ペクチン
ペクチンは食物繊維として整腸作用があり、便秘を改善するので美肌効果が期待できます。また、コレステロールを下げてくれる働きがあると言われています。

 

 

メロンを使ったジュース

 

ここにチェック

砂糖などの甘い糖分を使っている場合がありますが、高血圧には糖分のとりすぎはかえって逆効果ですので、糖分はできるだけ控えるようにしましょう。
甘さを求める場合は、メイプルシロップやはちみつを使うと良いですよ。とはいえ、とりすぎには注意です。

 

■100%メロンジュース

メロンジュース

 

詳細は以下クックパッドのリンクよりチェックしてみてくださいね。
Cpicon 美容肌ぷりぷり100%メロンジュース by ぺトロ

 

 

■メロンスムージー

メロンスムージージュース

 

詳細は以下クックパッドのリンクよりチェックしてみてくださいね。
Cpicon メロン果汁た〜っぷり♪メロンスムージー by satosayo

 

 

■メロンサイダー

メロンサイダー

 

詳細は以下クックパッドのリンクよりチェックしてみてくださいね。
Cpicon メロンの果汁で!メロンサイダー☆ by 新嫁まなさん

 

■メロンときゅうりのジュース

メロンときゅうりのジュース

 

詳細は以下クックパッドのリンクよりチェックしてみてくださいね。
Cpicon メロンときゅうりとミントジュース by yogo45kg