体重が1キロ増えると、血管が3キロメートル伸びる

『体重が1キロ増えると、血管が3キロメートル伸びる』って聞いたことありますか?
実はこの話、医学的には結構有名だそうです。

 

 

この事実を知るまで、体重の増加を軽々しく思っていましたが、血管が3キロも伸びるとなると体への負担も容易に想像が付きます。

 

実は、私は禁煙の副作用のため18キロ増えてしまいました。
っということは、54キロメートルの血管が伸びてしまったということになるのですが、今考えるとゾッとします。

 

今は8キロの減量にも成功して、24キロメートルの血管が短くなった状態です(笑)
※1キロ痩せると血管も3キロ短くなるそうです。

 

 

なぜ血管が伸びると良くないの?


でも、なぜ体重が増加して血管が伸びることが体に悪い影響を与えるのでしょうか?

 

体重が増加するごとに脂肪が増えていきます。増えた脂肪のまわりには血管が張り巡らされ、血管は栄養と老廃物の循環の役割をにないます。

 

脂肪が増えると、血管もより多く張り巡らされるという体のメカニズムがあるのですが、血管が長くなると心臓への負担がとても大きくなります。

 

私の場合、最高54キロ分の血管が伸びてしまったわけですが、握りこぶし大の小さな心臓が54キロという余分な場所まで血液を送り込まなければいけなかったのですから、かなりの負担が心臓にかかっていたようです。
実際には、仕事が忙しく睡眠不足とストレスを感じた時には、心臓がギューッと締め付けられる症状を感じることがよくありました。

 

体重を8キロ落とした今、やっとこの心臓の締め付けは感じなくなりましたが、今でもかばんの中には念のためニトログリセリンを入れています。

 

 

実は怖い肥満

肥満が原因で引き起こす問題はかなり深刻で、癌のリスク、糖尿病、脳卒中、動脈硬化など恐ろしい病気の引き金になりやすいんです。

 

中年に多い成人病も肥満が大きな原因となっていると言われています。取り返しの付かない病気になる前に、今一度生活習慣を見なおして見る価値は大変大きいです。

 

私が禁煙と8キロの減量ができたのは、「将来働けなくなったら本当にまずい」っと感じたからです。

 

今となっては、慢性的な頭痛や関節痛、息切れ、心臓の痛み全てなくなりました。

 

この記事を読まれた方に少しでも、なにかよいものが残せたら本当に嬉しく思います。