血圧を下げる薬

血圧を下げるお薬は降圧薬/降圧剤と呼ばれています。
これらの血圧を下げる薬は比較的安全な薬と言われていますが
副作用として以下の様な症状があります。

  • 頭痛がする
  • 便秘になる
  • 頭重感がある
  • 立ちくらみがする
  • インポテンツになる
  • 動悸がする
  • 脱力感がある
  • 眠気を感じる
  • 不眠
  • めまいがする
  • 空咳
  • 発疹がでる
  • そう痒
  • 火照る
  • 吐き気がする
  • 皮膚や白目が黄色くなる
  • 顔が赤らむ
  • 倦怠感がある
  • 足がむくむ
  • 歯肉の腫れ
  • 不感症になる
  • 男性ながら女性のように胸が膨らむ
  • 味覚が感じなくなる
  • 食欲がなくなる
  • 頭痛がする
  • 光線過敏症

 

これら降圧薬を使用して、ご自身で自覚できる副作用の他に
肝機能障害や、白血球減少などの自覚がない副作用もあります。

 

降圧薬の使い過ぎは身体を痛める原因となりますので
使用の際は、必ず医師の相談のもと摂取するようにしましょう。

 

血圧を下げる効果のある成分

飲み物や食べ物には血圧をさげる効果のある食べ物があります。
血圧を下げるといっても、役割は異なります。

 

  • 血圧の上昇を防ぐ(大豆イソフラボン)
  • 血管を作る(良質なタンパク質)
  • 血圧をコントロールする(タウリン)
  • 血管を広げ血圧を下げる(カリウム)
  • 血栓予防をサポートするEPAやDHA
  • 血液をサラサラにして、血圧を下げる(ケルセチン)
  • 塩分を体外に排出する

 

血圧を下げるといっても色々なアプローチ方法があります。
これらの成分は日常の食事から摂取できます。