コントロールが難しいストレス

誰もが抱えるストレスも高血圧の原因になることは知られています。
ですが、大変厄介なことに、自分で選んだわけでもないのにストレスはやってくることが多いものです。
そのため、なかなか食事や運動のように自分からコントロールしづらいのがストレスです。

ストレスのおさらい

高血圧に影響を与えるストレスは一体どこから来るのでしょうか?
ご存知のかたも多いと思いますが、今一度おさらいをしてみます。

 

心理的ストレス

  • 職場環境や人間関係
  • 学校の環境や人間関係
  • 突然の不幸な出来事
  • 離婚や死別
  • 病や大きな怪我・事故
  • 許せないこと・怒り

 

 

肉体的ストレス

  • 暑さ、寒さ、湿度の影響
  • 働き過ぎ
  • 運動しすぎ
  • 睡眠不足

 

 

ストレスが血圧を上げる理由

体や心に強いストレスを受けると、ストレスから実を守るための防御反応が起きます。
特に心理的ストレスの場合、脳からの命令で、アドレナリンやノルアドレナリンが分泌されます。
それぞれの物質が、心拍数を高め、血管を収縮させます。

 

ストレスは私達の体を守るための大切なメカニズムで、短期的にはさほど大きな問題にはならないものの、長期に渡りストレスを受け続けることに問題があります。
心拍数は高いままで、血管も細い状態が続きますし、ストレスの影響で生み出される活性酸素によって私達の細胞が変異する可能性を秘めています。

 

変異した細胞はやがて、癌や動脈硬化などの深刻な病気を引き起こすことが知られています。
同時に、活性酸素も、高血圧の原因のひとつであるとも言われています。

 

 

ストレスから身を守るために

人それぞれ、ストレスの解消できるツボは色々あるかと思います。
万人に効く安全なストレス解消法と言うのは、まだ見つかっていないのではないでしょうか?
万人に効くストレス解消法があったら本当にいいですね。

 

長期的なストレスから実を守るためには、まずはストレスの怖さを知ることが大切だと思います。
自分がストレスを感じて、『危険だな』と気づくことが大きな一歩だと思います。